デジタルカメラとフィルムカメラ
デジタルカメラの特徴 1.写したその場で確認できる。
2.ホワイトバランスの機能がある。
3.パソコンでの操作ができる。
4.感度を自由に選べる。
5.フィルム代、現像代がかからない。
フィルムカメラの特徴 1.大伸ばしができる。
2.銀塩写真独特の味がある。
3.リバーサルが撮影できる。
ホワイトバランス

フィルムカメラでは光源によってフィルムの種類を替えなければならない
が、デジタルカメラではホワイトバランス機能で自然な色に写る。
また意識的に色を変えて撮影する事ができる。
例)太陽光で電灯モードで撮影すると青みがかった写真になる。
  電灯光で太陽光モードで撮影すると赤みがかった写真になる。
コンパクトデジタルカメラと一眼レフデジタルカメラの比較

「コンパクトデジタルカメラ」
・レンズ交換ができない。
・レンズのボケ味を表現できない。
・大きく引き伸ばすとノイズが目立つ。

「一眼レフデジタルカメラ」
・レンズ交換ができ、ファインダーで確認できる。
・同じ画素数でも1画素あたりのサイズが大きく、大伸ばしもできる。
・電池の容量が大きい。
・人物や花の撮影などボケ味を出した写真を写せる。
 
  
ホワイトバランス・電灯モードで撮影 ホワイトバランス・オートで撮影