山からの便り
富士登山
新潟県の情報ではありませんが、日本一の山、一度は登ってみたい山、富士登山のページをつくりました。
団体登山のコースではなく、比較的空いていて、
樹林帯があり、下りが短時間の須走口を紹介します。

     須走口駐車場、ここで標高港1,970m。
須走口登山口には二軒の山小屋があり、
ここが須走口の新五合目になる。
ここから歩き始めて最初は樹林帯の中を
行く。高山植物も咲いている。
富士山のトイレは全て有料・100円です。
富士山の山小屋ではどこでも売っている
金剛杖。一本1,000円
各合目毎に焼印やシールがある。一回200円、
これも富士登山の楽しみの一つ。宿泊者には
無料で押してくれる。

こんな案内板や矢印があり、登山道は整備
されている。ごみはほとんど無かった。
樹林帯が終わると今度は砂礫の道になり、
上に行くほど溶岩のごつごつとした岩になる。
四っの登山コースの中でここが一番
歩きやすい。
ここからは日陰は無し。
高山植物のホタルブクロが咲いていた。
この他にも何種類か見られた。
六合目の瀬戸館。ここで標高2,627m。
ここでも宿泊できる。余裕があったら少しでも
上に行っておいた方が翌日楽になる。
日帰りで頂上まで行くと高山病になりやすい。
途中で一泊した方が体が慣れる。
七合目、太陽館から頂上を望む。
ここで標高2,920m。ここも宿泊可能。
六合目より上の山小屋からはどこでも
ご来光を見る事が出来る。

影冨士、お天気が良いと日没前に見られる。
   
       

須走口

【五合目から見る富士山】