山からの便り
 唐松岳                                                 

唐松岳2696m

八方駅からゴンドラリフトに乗り、ケルンのある八方尾根を登る。八方池からの白馬
三山の眺めはすばらしい。八方池までは観光客で賑わっているが、ここから上は
登山者の世界。唐松岳頂上山荘から立山、剣が良く見える。
 八方池山荘から登り始め最初道が二本あるが左の道を行く、その道が合流すると
間もなく第二ケルンに着く。そこから広い稜線を登って行くと第三ケルン。八方池はその
すぐ右下にある。ゆっくり休憩したい場所だ。ここから尾根通しの道を下の樺、上の樺を
通り丸山ケルンを経て唐松岳頂上山荘に着く。唐松岳頂上はここから20分位で行ける。
丸山ケルンから見る不帰の嶮(かえらずのけん)は迫力がある。
次の日
日の出は頂上山荘のすぐ裏で見られる。また頂上に行き雄大な景色を堪能したら
同じ道を下る。高山植物も豊富な山だ。日程に余裕が有れば五竜山荘にもう一泊して
遠見尾根を下る。

【コース】
八方駅⇒ゴンドラリフト⇒八方池山荘⇒第二ケルン⇒八方池・第三ケルン⇒
丸山ケルン⇒唐松岳頂上山荘⇒唐松岳頂上2696m⇒唐松岳頂上山荘⇒
同じ道を下る。

【山小屋】
唐松岳頂上山荘 TEL 090-5204-7876
五竜山荘 TEL 0261-72-2002 白馬館

立ち寄りの湯:第一、第二郷の湯、みみずくの湯・・TEL 0261-72-2715
交通:長野自動車道・豊科ICより国道148号線で白馬
問い合わせ:白馬村役場観光課 TEL 0261-72-5000



唐松岳

唐松岳頂上付近からの唐松岳頂上山荘。
夕方の撮影です。
山の稜線と左の雲が画面に効果を与えて
います。カメラを左にふって写すと、雲が画面
いっぱいになって又違った感じになるでしょう。

唐松岳  2696m

日の出直後の撮影です。太陽の光線が
低いのでまだ左の斜面に日が当たって
いません。光と影によって立体感が出ます。
一番高い部分は真ん中より少し左に
もって来ました。



夕方の撮影です。唐松岳がシルエットに
なりました。露光はノーマル、アンダー、
プラスと3枚写しておくと有効です。
山の重量感が出ていると思います。


山荘の裏手を少し登った所で日の出を
見る事が出来ます。この写真はノーマル、
オートで撮影しました。
太陽の位置は真ん中にもってこない方が
よいでしょう。
すばらしい景色が見られるので、登っている
時は辛くても又山に行きたくなります。


五竜岳 2814m 百名山

唐松岳頂上山荘より見たモルゲンロートに
染まる五竜岳。
山の重量感の出る三角形の構図です。
朝の光は山の写真のシャッターチャンスです。

剣岳 2998m 百名山

唐松岳より剣、立山を望む。
日の出直後の時間帯で唐松の山並みが影に
なっています。画面の上にはまだ月が
出ています。朝の光で画面全体が赤っぽく
なっています。朝と夕方は太陽の色温度が
低くなっていますので
フィルターを使わなくても赤っぽくなります。