山からの便り
 駒ヶ岳・八海山                                        


越後・駒ケ岳 2003m 

駒の湯からも登れますが、枝折峠からのコースが一般的です。駒の小屋は食事は
出ませんので、自炊になります。水場は小屋から少し下ったところにある。
 日帰り登山は枝折峠を遅くても8時30分に出るように。小屋の付近から頂上にかけて
お花畑が広がっています。小屋から頂上まで20分位。

小倉山まではアップダウンがしばらく続く。百草ノ池から小屋までが一番の急登で
岩の斜面を登ると駒の小屋である。小屋番は米山さんと言う方で写真が好きで
「写真集」も出している。私も子供連れ登山の時大変お世話になりました。
 百名山の一つの駒ケ岳に挑戦してみては!!紅葉の時期もおすすめです。
10月上旬頃。自家用車でない場合は駒の湯方面に下るコースもあります。

【コース】
枝折峠⇒道行山⇒小倉山⇒百草ノ池⇒駒の小屋⇒頂上2003m⇒駒の小屋
⇒同じ道を下る⇒枝折峠

【山小屋】
駒の小屋 TEL 02579-2-1122 湯之谷村観光課

立ち寄りの湯:湯之谷村交流センター TEL 02579- 5-2003 定休日・第三火曜
          駒の湯山荘 TEL 02579- 5-2126 小倉尾根を下った所にあります。
交通:関越自動車道小出IC〜国道352号〜枝折峠駐車場(約30台)
問い合わせ:湯之谷村役場 TEL 02579-2-3500



駒ヶ岳
駒ヶ岳 2002m 百名山

八海山より見た駒ヶ岳。
手前に八海山の紅葉の木が見えています。
雲がもう少し下にあると良かったのですが。
少しねばってみましたが、雲が切れません
でした。


左の方に駒ノ小屋が見えます。
小屋に荷物を置いて、頂上まで15分くらいです。
枝折峠から入る場合は朝早くから登った方が
良いでしょう。
自家用車でなければ、帰りは小倉山から
左に行き駒ノ湯方面に下るのも良いでしょう。




駒ノ湯方面から見た駒ケ岳。
下のほうに滝が有ったので、縦位置で
写しました。
大きい三本の木がじゃまでした。
高さの違った木の方が構図的には
良いと思います。



八海山の千本檜小屋です。
ここに荷物を置いて岩場の方に行くと
良いでしょう。
八海山ロープウエーを使うと比較的楽に
ここまで来る事が出来ます。
紅葉の時期がおすすめです。


小屋から見た地蔵岳と不動岳。
八ッ峰には岩場、鎖、梯子がありますので
技術に応じて登って下さい。
うかい路もあります。
千本檜小屋から入道岳までは更に1時間30分
かかります。
帰りは同じ道を下山するのをおすすめします。